2018年1月10日水曜日

海外版スーパーファミコン分解・掃除

先日購入した海外版スーパーファミコンの分解です。

スーファミには普通のドライバーでは開けられないように少し特殊なネジを使用しています。

その為、秋葉原の千石電商さんで買ってきました。

DTC-27という精密ドライバー
お値段1800円…
結構高いんですよね
カセットも同じ形なので使えるかな?と思ったんですが…

サイズが大きすぎてはいりませんでした…残念

これで裏の6箇所のネジを外して行きます。

中身はこんな感じ

こちらは上蓋
上蓋がかなり黄ばんでますね…

今度天気のいい日にこいつに付けて太陽の紫外線あてまくります。

試しに日本のスーファミと並べてみました
基本構造は似ていますね

ただ、海外版にはサウンドカード?の様な物がくっついてました。
スーファミにはいくつかのモデルがあるみたいなので日本のスーファミにもある奴はあるのかな?

外すともう全く同じですね
壊れたら日本のスーファミ分解して中身入れ替えようかな?

あと海外版はRGB出力に対応しているのかな?って思ってRGBケーブルを刺して

サンコーさんの変換アダプタを介して繋いでみました。

なんと映りました!
まぁ、中身一緒なら当たり前か(笑)

一応コンポジット出力との比較
やっぱりドットがハッキリしてますね
ただちょっと色が違くなるのが気になるところ
おまけ

秋葉原のハードオフに大量のラジカセがありましたwwwwww

0 件のコメント:

コメントを投稿